『流域環境圏を基にこの国の形を創る』シンポジウムを開催しました。

9月15日、ホテルグランコート名古屋において、『流域環境圏を基にこの国の形を創る』シンポジウム実行委員会(委員長:林良嗣名古屋大学教授)が主催し、株式会社創建が協賛してシンポジウムが開催され、自治体、民間、大学など約400名の方が出席されました。

筒井社長が「自治体のあり方を流域から発想する」というテーマで講演し、日本の国土を集水域、内海域、沿岸域、湾区域、半島域、海峡域、気 候区などを総合した「流域環境圏」に基づいた18の邦(くに)に分割して、まったく新しいガバナンスの仕組みを創ることを提唱しました。

プログラム

13:00 開会
13:00~13:05 開会挨拶
シンポジウム実行委員長
林 良嗣(名古屋大学大学院環境学研究科教授)
13:05~13:20 来賓挨拶
富田英治(国土交通省中部地方整備局長)
竹森三治(農林水産省東海農政局長)
13:20~14:00 講演1「里山と流域環境圏」
武内和彦(国連大学副学長、東京大学大学院教授)
14:00~14:40 講演2「流域とコミュニティ」~封建から近代、そしてポスト近代へ~
竹村公太郎(財団法人リバーフロント整備センター理事長)
14:40~15:00 休憩
15:00~15:40 講演3「自治体の境界を流域で区分する試み」
筒井信之(株式会社創建代表取締役社長)
15:40~16:20 講演4「生物多様性と開発」
稲垣隆司(愛知県副知事)
16:30~17:20 パネルディスカッション
武内和彦+ 竹村公太郎+ 稲垣隆司+ 筒井信之+ 林 良嗣(コーディネーター)
17:20~17:30 総括
シンポジウム実行委員会顧問
伊藤達雄(名古屋産業大学名誉学長・特任教授)
17:30 閉会

090928_01