シンポジウム『新たな局面を迎える自治体経営~サンディ・スプリングス市の成功事例を基に考える~』を開催しました。

日時:平成21年11月25日(水)14:00~17:10
場所:名古屋都市センター14F

プログラム

14:00~14:05 主催者挨拶
14:05~14:15 来賓挨拶
高尾和彦 愛知県副知事
14:15~14:55 講演1「民間が運営する自治体」
サンディ・スプリングス市シティマネージャー※1
ジョン・F・マクドーナ
解説:K・サム・田渕 東洋大学大学院経済学研究科教授
14:55~15:35 講演2「制度設計の経験を語る」
サンディ・スプリングス市設立準備委員会議長
オリバー・W・ポーター 自治体経営アドバイザー(元AT&T役員)
解説:K・サム・田渕
15:35~15:50 休憩
15:50~17:00 パネルディスカッション
「PPP※2で日本の自治体は再生出来るか」
K・サム・田渕
山脇 実 豊川市長
亀山典子(つねこ)
株式会社日本総合研究所総合研究部門
地域再生チームリーダー地域戦略グループ主任研究員
コーディネーター
林 良嗣 名古屋大学大学院環境学研究科教授
17:00~17:10 総括
伊藤達雄 名古屋産業大学名誉学長・特任教授
17:10 閉会
※1 シティマネージャー制:市長制に対する地方行政の制度で自治体運営を議会がシティマネジャー(支配人)に委任する仕組みでアメリカで広く普及している。
※2 PPP(Public-Private Partnershipの略)
公共サービスを「官(Public)と「民(Private)が役割を分担しながら社会資本整備や公共サービスの充実・向上を図る事を実現する概念・手法の総称