グリーンインフラ推進計画

◆業務の概要

『グリーンインフラ』は、“社会資本整備や土地利用等のハード・ソフト両面において、自然環境が有する多様な機能を活用し、持続可能で魅力ある国土づくりや地域づくりを進めること”と、国土形成計画(平成27年8月閣議決定)に記載されました。

これを受け『グリーンインフラ』は、中央省庁の主要計画にも記載され、今後の社会資本整備に際して考慮すべき考え方として注目されています。特に国土交通省は、総合政策局による『先導的グリーンインフラモデル形成支援』、都市局による『グリーンインフラ活用型都市構築支援事業』等を創設し、地域が抱える課題解決に向け、多様な主体の連携のもと、各地域でグリーンインフラ導入を促進するためのプランニングづくりを支援しています。

『グリーンインフラ』は、一定エリアの道路・河川・公園などの公共インフラ、そして民有地と、多様な空間で多様な主体が連携した取組が必要となります。このため、地域が有する課題に正対しながら、グリーンインフラにより期待される効果(防災・減災、環境保全、地域振興)を最大限に発揮できる計画づくりが求められています。

▼国内の代表事例(京都市 雨庭)
グリーンインフラ推進計画

◆私たちの着眼点

当社は、グリーンインフラ黎明期より、国土交通省発注事業に係り、業務を継続担当することでグリーンインフラに様々な情報とノウハウを蓄積しています。この知見を最大限に活用し、各自治体でのグリーンインフラ導入に向けた計画策定を支援します。

また、自然が有する多様な機能は、インフラへ適用することで、年月を経ることで姿を変え、生きたインフラとなります。このため、適切な維持管理・機能評価が必要です。当社では、計画(Plan)から改善(Act)まで、様々なシーンでの支援を行います。

  • 蓄積した知見をもとに、国の方針を踏まえた計画策定を支援します。
  • プランニングだけでなく、PDCAサイクルを念頭し、様々な場面で必要な支援を行い、持続可能なインフラづくりに貢献します。

※当社は、国土交通省『グリーンインフラ官民連携プラットフォーム』の事務局運営を  設立時より、担当しております。
Webサイト:https://gi-platform.com/