旧鈴木家住宅保存整備基本構想策定業務委託

業務分野
委託業務名旧鈴木家住宅保存整備基本構想策定業務委託
発注機関 愛知県豊田市
履行期間 平成28年4月1日〜平成29年3月24日
業務概要 豊田市では、平成23年に足助地区が重要伝統的建造物群保存地区に選定され、また、平成25年に地区内の旧鈴木家住宅(紙屋)が重要文化財に指定されるなど、当該地区及びそれを構成する建築物などの歴史的・文化的価値が国により評価された。旧鈴木家住宅は、足助を代表する民家であり、見学できる民家がない当地区の中心的な位置づけを担うことになる。現在、旧鈴木家住宅(紙屋)においては、指定された16棟の建築物の修理を行い、平成32年度には通り側に位置する建築物などを部分公開、平成35年度には全面公開する予定である。本業務委託では、重要文化財旧鈴木家住宅の施設公開を見据え、当該住宅の活用方法などを検討した。
PDFファイルを開く